ハトムギ化粧水で人気の高い「セザンヌ」と「ナチュリエ」。

どっちがいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、
「ナチュリエよりもセザンヌがいい!自分には合っていた!」
という方の実際の口コミ・レビューをご紹介します。

ハトムギ化粧水はやっぱりセザンヌ!ナチュリエよりも好きです!

友人から良いと紹介されてはじめて使ったハトムギ化粧水はナチュリエのものでした。

ハトムギ化粧水と言えばやはりナチュリエのものが有名だったからです。

使い始めは肌もしっとりして良かったのですが、敏感肌の私にの肌にはちょっと刺激が強かったのか、ヒリヒリしたり痒みが出たりと次第に合わなくなってきました。

あとナチュリエのハトムギ化粧水は結構さっぱり系なので、年齢的にももう少し保湿感が欲しいと思っていました。

今、使用しているセザンヌのハトムギ化粧水は植物由来の保湿成分に加えて、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸が含まれており、ナチュリエよりも保湿感があります。

しかもアルコールフリーなので敏感肌の自分にはとても合っています。

保湿力が強ければそれに越したことはないのですが、何せ敏感肌なものですから無闇に保湿力アップの化粧水を使用して肌荒れを起こした事は過去に何度もあります。

肌に良い成分でも強すぎると合わない、という本当に厄介な肌質なんです。

そのあたりセザンヌのハトムギ化粧水はバランスが自分の肌にちょうど良いのだと思います。

以前からセザンヌはプチプラ化粧品の中でもお気に入りで、メイク商品もリピートして使っていました。

プチプラ化粧品の中ではかなり良質のものだと実際に使ってみて実感しています。

500mlで650円(税抜)なので思いっきり使えるところも気に入ってます。



セザンヌのハトムギ化粧水は成分が最高!セラミドたっぷりで潤う!

私はいつも洗顔後は肌を乾燥させないためにすぐにセザンヌのハトムギ化粧水をつけます。

お風呂上りでまだ汗が引かない状態でも、とにかくすぐにセザンヌのハトムギ化粧水をつけるんです。

単純な事ですが、これは敏感肌対策には結構重要なポイントなんです。

ちょっとでも乾燥させてしまうと、そこからヒリヒリ感が広がって肌荒れを起こしてしまうので、まだ濡れている状態でセザンヌのハトムギ化粧水をつけます。

私の場合はその上から化粧水と同様にアルコールフリーのオールインワンジョエルをつけています。

もう少し潤いが欲しいなという時には、コットンにたっぷりとセザンヌのハトムギ化粧水を浸み込ませてコットンパック、肌がしっとりもっちもちになります。

寒い季節など乾燥で体が痒くなった時には、ボディーローションとしても使用しています。

セザンヌのハトムギ化粧水は、ちょっととろみがある化粧水なのでとても適しています。

あとは静電気予防に髪の毛にも使っています。

整髪料の様にベタベタしませんし、ニオイも強くないので気に入って使用しています。

整髪料を使っていた時よりも、髪質がしっとりして良くなってきた様に感じています。